【楽天経済圏】楽天保険のSPUはオススメしません。

楽天市場
楽天市場
この記事は約4分で読めます。
パンダ
パンダ

楽天保険のSPUって+1倍なんだ!なんか保険入った方がいいのかな?

だい
だい

SPU目的で入るのはオススメしないよ。特に保険は固定費だから、慎重になったほうがいいよ。

こんにちは、だいです。

楽天市場の「楽天保険+楽天カード」はSPU+1倍です。SPUが+1倍のものは出来るだけ取りに行きたいですよね。

しかし、私はSPUの為に楽天保険を契約するのはオススメしません。なぜなら、そもそも保険自体が要らない商品であり、固定費だからです。

ということで今回は、楽天保険のSPUを知ってもらうことも含めて、

  • 楽天保険のSPU条件
  • 楽天保険でSPUを狙うならどれか
  • それでもオススメしない理由

この3つについて解説していきたいと思います。今現在契約している人や、これから契約を考えている人の参考にしてもらえるとありがたいです。

楽天保険のSPU条件

楽天の保険を楽天カードで支払うと、翌月のSPUが+1倍になります。

対象の保険は次の通りです。

出典:楽天市場

しかしこのうち「楽天傷害保険(ドライブアシスト以外)」と、「楽天カード超かんたん保険」は年払いしかありません。

先ほども言ったように、支払った翌月のみがポイントアップするので、年払いをしてしまうとSPUの恩恵を殆ど受けることができません。

つまり、毎月SPU+1倍の状態にするには、「楽天生命保険」か「楽天ペット保険」の2択になります。

パンダ
パンダ

SPUを狙うなら、ペットがいない人は楽天生命保険しかないってことか…

だい
だい

そういうこと。

SPUで狙うなら…

先ほどの条件を踏まえて、楽天生命保険のどの保険ならSPUをコスパよく狙えるのかを解説していきます。

安い保険

まず、一番安い保険は「スーパー定期保険」です。

月々の保険料をざっと概算すると、こんな感じでした。

月々の保険料20歳30歳40歳
男性960円980円1770円
女性530円710円1300円

20~30歳くらいであれば、月々1000円以下で加入することができます。SPUを狙う上で、一番費用を抑えるならこの保険がいいでしょう。

戻ってくる保険

逆に多めに支払って、保険を使わなかったら全額返金される保険があります。それが「スーパー医療保険もどるんです」です。

月々の保険料20歳30歳40歳
男性3290円4334円5966円
女性3986円4874円5612円

これを70歳まで払い続けて、保険を使わなかった場合全額返金されます。ということで帰ってくれば実質無料でSPUを達成することができます。

オススメしない理由

そもそも要らない出費

SPUを達成したい気持ちは分かりますが、不要な商品を購入しては本末転倒です。

日本にいる限り、サラリーマンは社会保険に加入することになります。そうなると、生命保険は独身なら基本不要ですし、子供がいる場合でももっと安い保険はいくらでもあります。

2つ目の戻ってくる保険は、返ってくるまでの期間が非常に長いですし、最終的に積み立てた金額はかなり高額になります。

その払うはずだったお金をほったらかし投資に回せば、かなりのリターンが期待できます。

「返ってくるかもしれない保険」という危ない橋を渡るくらいだったら、楽天銀行に貯金して毎年0.1%の金利を受けた方がまだましです。

だい
だい

もちろん保険は人それぞれの状況によって違うけど、殆どの人は要らないと思うよ。

パンダ
パンダ

YouTubeとかにもそういってる動画結構あるね。

固定費を増やすのはNG

節約でやってはいけないことは、固定費を増やすことです。
なぜなら、家計の出費で一番多いのが固定費なので、そこは出来るだけ削る必要があります。

保険は立派な固定費なので、節約の為に契約してしまっては節約どころかかえってトータルの出費が増えてしまいます。

だい
だい

固定費を削れば毎月何もしなくても節約することになるから、すごい楽チンだよ。

パンダ
パンダ

なるほど…固定費絶対ダメ…と(メモメモ)

まとめ

今回の内容はこんな感じです。

  • 楽天保険のSPUはオススメしない
  • 不要な商品は買うな
  • 固定費を増やすな
だい
だい

全体的に課金して還元率を上げる系はオススメしないよ。

パンダ
パンダ

無料が一番!

ということで、今楽天保険を契約してSPUを上げようと思っている方は今一度検討しなおしてみて下さい。最後まで読んで頂きありがとうございました!

クリックするとモチベーション上がります!
👇オススメの商品👇チェックしてくれよな!
SNSでシェアする
だいをフォローする
悠々自適エコノミー

コメント